地味に便利!スマホで英語ページを日本語変換するアプリ「Microsoft Translator」のご紹介

外国語のウェブページを読みたいときに頼れるのが翻訳サービス。iPhoneで英語ページを閲覧するとき、Chromeなら翻訳機能が標準装備されていますが、Safariの場合は「Microsoft Translator」アプリを利用することでページ翻訳が可能になります。

Microsoft Translatorとは

音声、キーボード、写真などから瞬時に翻訳できるアプリです。海外へ行くときなど現地の人々との交流に便利ですね。今回はいろんな機能の中でもスマホのSafariで表示している「英語」ページを「日本語」翻訳する方法を解説します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/translator/default.aspx

※Android用アプリもありますが、今回はiPhoneで方法を紹介いたします。

使用方法

使用までの流れはこのようになります。

  1. アプリのインストール
  2. アプリの設定
  3. 共有設定
  4. ページを翻訳してみる

では早速インストールからはじめましょう。

1.アプリのインストール

アプリのインストール

まずはこちらから「Microsoft Translator」アプリをインストールしてください。もちろんご利用は無料です。

アンドロイドの方はこちら

2.アプリを設定

まずはアプリで翻訳言語を「日本語」にする設定を行います。

アプリ初期画面

アプリを開くとこのような画面になります。右下の歯車アイコンをクリックしてください。

Safari 翻訳言語

「Safari 翻訳言語」をクリックしてください。

日本語を選択

日本語を選択してください。これでアプリ側の設定は完了です。続いては共有設定を行います。

3.共有設定

共有ボタンをクリック

Safariで英語ページを開いた後、「共有」ボタンをクリックしてください。

その他をクリック

続いて右下の「その他」をクリックしてください。

Translatorをオン

「Translator」をオンにします。これで「共有」内に「Translator」ボタンが追加されるようになりました。

4.ページを翻訳してみる

Translatorをクリック

新しく表示された「Translator」ボタンをクリックしてください。

翻訳完了

ちゃんと翻訳されていますよね!ちなみに元に戻したい場合は右上の「更新マーク」で再読込すればもとどおりになります。

まとめ

いかがでしょうか?入れておくだけで結構重宝すると思いますので、ぜひお試しください!

https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/translator/default.aspx